2023年1月ドクターイエロー運行日予想はこちら!

楽天でふるさと納税が簡単でお得!やりかた【まとめ】

楽天でふるさと納税が簡単でお得!やりかた【まとめ】

ふるさと納税。楽天で行えば最大で30%のポイント還元を受けることができます。

楽天でふるさと納税を行う最大のメリットは他で行うよりもポイントの恩恵を受けられるという点です。

ただ高額な商品を購入すれば良いという訳ではないので、この記事を通してふるさと納税についてご理解いただき、最大限にご活用ください。

目次

ふるさと納税の仕組み

まず初めに、そもそもふるさと納税はどのような仕組みなのかについて簡単に解説していきます。

ふるさと納税とは、特定の自治体に対して寄附を行い、その見返りとして住民税などの税金の控除に加えて返礼品も受け取ることができる制度です

寄附したお金は、主に地域の活性化や社会問題の解決のために活用されます。

ただし、やみくもに商品を購入すればいいわけではないので、制度や手順についてもおさえておきましょう!

引用:ふるさとチョイス

ふるさと納税 専業主婦の場合は夫のアカウントで

ふるさと納税は納税者が行うことになります。そのため、専業主婦の方はご主人の楽天アカウントで行いましょう。

楽天アカウントを持っていない場合は楽天アカウントを作成することをオススメします!

なぜならば、会員にならなければ楽天ポイントを受け取ることができないからです!

よって、楽天ふるさと納税を始める際にはぜひアカウントの作成を行ってください。

楽天アカウントの作成はこちらから

楽天のふるさと納税 気不可能金額をシュミレーターで計算

まずは、自分自身がいくらまで寄付可能なのかを調べてみましょう!

かんたんシミュレーターを用いれば、自己負担額である2,000円でふるさと納税で寄付可能な上限額をおおよそ見積もることが出来ます。

シミュレーターはこちら! ※楽天にログインしていないと見ることができません。

引用:楽天市場

楽天ふるさと納税 最大で30%のポイント還元が可能

楽天ふるさと納税で返礼品を選ぶ際には、楽天ポイントがお得に入手できる商品を選ぶことをオススメします!

楽天市場で行われているキャンペーンを上手く組み合わせれば、最大で30%のポイント還元が実現可能です。

ポイント加算を狙う場合はこのようなキャンペーンを狙う必要があります。

キャンペーン最大倍率
SPU+15%
楽天スーパーSEAL+9%
お買い物マラソン+2%
買ったら倍キャンペーン+2%
毎月5と0の付く日+2%
39ショップエントリー+1%

こちらのサイトでは毎月、買い物するのにお得な日を掲載していますので、その日をピンポイントで狙って購入しましょう。

寄付の申込みは住民票記載の住所で行う

ふるさと納税を行う場合は、寄付の申込みは住民票記載の住所で行う必要があります。

自治体への寄付の申し込みの流れはいたってシンプルで、通常の楽天市場の買い物のように簡単に申し込みが可能です。

以下の流れで進めていきます。

申込みの流れ

  1. 商品を選択して「寄附を申し込む」をクリック
  2. ご購入手続きに進む
  3. 個人情報の登録
  4. 注文の確定

ひとつずつ説明していきます。

① 商品を選択して寄附を申込むをクリック

まずは実際に寄付したい自治体の対象商品を選択します。例えばこちら山梨県 南アルプス市のシャインマスカットを購入することにします。

すると下の方に「寄附を申込む」というボタンがありますので、そちらをクリックして内容に合意し、買い物かごへ進むをクリックしてください。

引用:楽天ふるさと納税

下にスクロールしていくと「寄附を申込む」というボタンがあるはずです。

引用:楽天ふるさと納税

② ご購入手続きに進む

次に以下のような画面が出てきたら、右側にある「ご購入手続き」というボタンをクリックしてください。

引用:楽天ふるさと納税

③ 個人情報の登録

「ご購入手続き」というボタンをクリックしたら、住所やクレジットカード情報の登録をしていきます。

必要情報を入力したら、注文確定へと進んでいきます。

引用:楽天ふるさと納税

住民票に記載されている名前と住所を注文者情報として登録することを忘れずに行ってください。
住民票の内容と異なっている場合、税金の控除申請ができません。

④ 注文の確定

必要情報を登録したら、最後に注文内容に間違いが無いかを確認し、「注文を確定する」をクリックしてください。

これで寄附申込みが完了となります!

返礼品が届く時期は様々

自治体への寄附が完了すると、申込み先からお礼の品が送られてきます!

実際に送られてくる時期は、自治体や返礼品の種類によって異なり、商品の詳細を確認すればいつ頃発送されるのか記載されている場合があります。

例えば果物や米の場合は、収穫時期のタイミングに届けられる場合が多いようです。

寄付証明書または特例申込み書を受け取る

自治体から返礼品を受け取ってから少し経過すると、寄附証明書もしくはワンストップ特例申請書が届きます。

寄附証明書とは、自治体に対して寄附したことを証明する公的な証明書であり、主に確定申告をする際に必要となります。

2015年からはワンストップ特例制度というものが始まりました。

「ワンストップ特例制度」とは?
ワンストップ特例申請書を提出するとで確定申告をせずにふるさと納税による寄付金控除を受けることができる制度です

ワンストップ特例制度は手間を抑えられるのでオススメです。ただ、条件もありますのでご確認ください。

ワンストップ特例制度適用の条件
  • 1月1日~12月31日の1年間で寄付先が5自治体以下の方
  • 確定申告をする必要のない方(詳しくはこちらをご確認ください)

控除のための手続きする

寄附証明書もしくはワンストップ特例申請書を入手したら、控除のための手続きを進めていきます。

先ほど解説したように、「1年間の寄附先が5自治以下」かつ「他に確定申告の手続きが不要」の両方を満たしている場合はぜひ「ワンストップ特例制度」の活用がオススメです。

楽天ふるさと納税で商品を購入する場合、「ワンストップ特例制度を申請する」の項目で申請するに設定すると、後に必要事項が記入された申請書類が自治体から送られてきます。

引用:楽天ふるさと納税

また、個人で専用様式のpdfファイルをダウンロードし、印刷した紙に必要事項を記入して提出することでも対応可能なので安心してください!

あとは住所などの必要事項を記入し、マイナンバーや運転免許証などの身分が分かる証明書のコピーと合わせて自治体に送付すれば、手続きとしては完了となります!

この時、寄附した年の翌年の1月10日までに自治体に届くよう注意してくださいね!

もし期日までに届かないと、税金控除の対象外となってしまいます!

ふるさと納税のワンストップ特例制度の申請書は1週間~2週間で届きます

控除を受ける

「確定申告」もしくは「ワンストップ特例制度」によって必要な申請書を提出した後、適切な金額で商品を購入していれば自己負担額の2,000円を差し引いた金額分が節税となります。

確定申告した場合は、「ふるさと納税を行った年の所得税」と「ふるさと納税を行った翌年度の住民税」から控除されます。

一方でワンストップ特例制度を活用した場合は、控除額の全額が「ふるさと納税を行った翌年度の住民税」から控除されます。

引用:松浦市自治体

ワンストップ特例制度の場合、5月から6月にかけて「住民税決定通知書」が送られてきますので、実際にどれだけ控除されたのか確認してみて下さい!

まとめ

今回は楽天でふるさと納税を行う方法についてご紹介しました。

楽天でふるさと納税を行うことで、楽天ポイントも貯めることができます。その際、しっかりポイントが貯まる日を選んでください。

楽天市場でふるさと納税を行うことで、ポイント還元を植えられる上、手間もそこまでかからないので、オススメです。どうぞご活用ください。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる