2022年9月ドクターイエロー運行日予想はこちら!

アルファエックス(ALFA-X)を見るには?運行日程・時刻表は?いつどこを走る?

アルファエックス(ALFA-X)を見る方法!いつどこを走る?

長い鼻が特徴的な新時代新幹線アルファエックス(ALFA-X)。
時速400㎞でも運行を目指しており、運行が楽しみです。
今回は、アルファエックスの試運転が見られる場所、試運転日程についてご紹介します。

今回の記事はこのような方におすすめです

  • アルファエックス(ALFA-X)を見てみたい
  • アルファエックス(ALFA-X)がどういった車両なのか気になる
  • アルファエックス(ALFA-X)はどこに行けば見る事ができる知りたい
目次

アルファエックス(ALFA-X)とは?

アルファエックスとは、最高速度4000㎞を目指すJR東日本が開発した10両編成の新幹線です。

アルファエックス(ALFA-X)のコンセプトはこのようになっています。

  1. さらなる安全性・安定性の追求
  2. 快適性の向上
  3. 環境性能の向上
  4. メンテナンスの革新

アルファエックスは鼻が長いのが特徴的です。その長さは22メートル。
トンネルに突入する際の圧力波を抑制する目的があります。

アルファエックス(ALFA-X)は何の略?

アルファエックスは

Advanced
Labs for
Frontline
Activity in rail
eXperimentation
の略です。 日本語だと「最先端の実験をするための試験室」と訳されます。

現在東北新幹線では時速320㎞で走行していますが、時速400㎞を目指しています。

速度が速いだけでなく、地震が発生した際緊急停止ができるようになっていたり、車体の揺れ騒音などが軽減されていたりとトップクラスの乗り心地を目指しています。

アルファエックス(ALFA-X)はいつどこで見れるの?

JR東日本では、仙台ー新青森間を走行しているため、終着駅である仙台駅と新青森駅では停車しているアルファエックスを見る事ができます。

現在アルファエックスは、実際の線路を走りながら試験走行をしています。

試験走行の日程ですが、今までは東北新幹線の仙台―新青森間で週2回程度、深夜に試験走行していました。

しかし、2022年5月以降は試験走行の日程が変更されました。

仙台―新青森間で週5程度、午前8時から午後8時ごろまで実施すると発表されています。

それまでは試験走行は深夜の時間帯に行われていたのですが、日中に行われるようになり、今までよりもアルファエックスを見ることは難しくなくなってきました!

実際、ツイッター上にも頻繁にアルファエックスの目撃情報が上がるようになってきています。

最高速度は当面は時速320kmという、現在走行中の新幹線と同じぐらいで走ることになっていますが、いずれは試験走行で360kmまで上げることが予定されています。

アルファエックス(ALFA-X)の試運転日程

今までは青森市や利府町のサイト内でアルファエックスのの試験運転日が公開されていました。

しかし2022年2月26日までの予定しか公開されておらず、それ以降試験運行日については公開されていません。

参考:利府町のサイトより新幹線試験専用車両を使用した走行試験に関するご協力のお願い

日中の走行に移ったことから、公開はしなくなったと思われます。

仙台―新青森間で週5程度、午前8時から午後8時ごろ

というとてもざっくりとしたことしか公開されていません。

現状、参考になるのはツイッターの目撃情報なのですが、今後新しい情報が入り次第追記します。

アルファエックス(ALFA-X)を確実に見るには?利府町のふるさと納税に注目!

アルファエックスの車体が見られる、JR東日本新幹線総合車両センターの見学ツアーが2022年8月19日に開催されました。

こちら、宮城県利府町のふるさと納税10万円の返礼品となっています。

関係者しか立ち入れない車両基地に入ることができたとのことで、かなり特別なツアーです!

展示用車両に触ることができたり、写真撮影もできた上、車体や部品の組立工場にも入れました。

アルファエックスを間近に見られた上、運転室にまで入れるという超スペシャルツアーです!

(こちらの見学ツアーですが2022年開催は2年ぶり3回目ということで今後、アルファエックス目当てで、利府町のふるさと納税を考える場合は返礼品に新幹線総合車両センターのツアーが含まれるかは注意されてください)

アルファエックス(ALFA-X)は新幹線総合車両センターで見られる?

運が良ければ、アルファエックスを新幹線総合車両センターで見ることができます。

新幹線総合車両センターは入場料が無料です。

無料で東北・上越初代新幹線200系電車に乗ることがきたり、乗務員室や運転席に座れたりと、電車好きにはたまらない施設です。

アルファエックス(ALFA-X)が見たい!新幹線総合車両センターの新幹線車両基地まつりに注目!

新幹線総合車両センターでは、毎年「新幹線車両基地まつり」というイベントを行っています。

例年10月下旬頃に開催されています(2022年は未定)

この「新幹線車両基地まつり」で例年アルファエックスが見られるということで、アルファエックスを見たいならこのイベントは注目です!

アルファエックスの「1号車」と「10号車」両方見られる感動のイベントとなっています。

新幹線総合車両センターへのアクセス

  • 電車の場合:JR利府駅下車で徒歩約15分(1㎞程度)。
    最寄りは新利府駅です。しかし入口の守衛室までは敷地を迂回することになります。これに20分ほどかかるので注意が必要です。
    そのため利府駅の利用がおすすめです。
  • 車の場合:県道8号仙台松島線(利府街道)沿いにあるブックマーケット利府とホーマック利府店の交差点を七十七銀行側(イオンモール利府と反対側)に曲がります。
    正面の壁に黄色いラインのある建物に向かって直進し。突き当りを左に曲がり、黒い柵沿いに進むと入口があります。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる