2022年12月ドクターイエロー運行日予想はこちら!

こだま・グリーン車にお得に乗る方法!EXこだまグリーン早特がおすすめ

こだま・グリーン車にお得に乗る方法!EXこだまグリーン早特がおすすめ

こだまに安く乗りたい!グリーン車に安く乗りたいという時、お得なチケットがあります。
今回は「EXこだまグリーン早特」についてご紹介します。

目次

EXこだまグリーン早特 とは?

「EXこだま・グリーン早特」は “こだま “グリーン車に格安で乗ることができます。
こだまといったら「ぷらっとこだま」が有名ですが「ぷらっとこだま」よりも使える区間が多いので安いです。

予約は1ヶ月前午前10時から乗車日3日前の23時30分までです。こども料金の設定がないので、子連れの帰省や旅行の場合はこども料金の設定がある「ぷらっとこだま」のほうが安いです

EXこだまがセットになっているのはこの3つです。

  • 基本料金券
  • 特急券
  • グリーン券

EXこだまグリーン早特の購入は「スマートEX」「エクスプレス予約」の会員のみ

「EXグリーン早特」はネットで購入するものなので窓口での購入はできません。また、年会費無料の「スマートEX」か年会費1100円の「エクスプレス予約」に会員登録する必要があります。

「スマートEX」とは?
「スマートEX」は登録すれば(登録料・年会費なし)誰でも利用できます。

「EX予約」とは?
「EX予約」は年会費1100円が必要ですが、スマートEXよりも様々な場面でさらにお得になります。


どちらもクレジットカードが必要です。
現在会員でない場合は、年会費無料の「スマートEX」に会員登録がおすすめです。

それぞれの切符の値段

区間価格
東京・品川~静岡6,140円
東京・品川~浜松8,120円
東京・品川~名古屋9,170円
東京・品川~京都11,200円
東京・品川~新大阪11,410円
新横浜~静岡5,570円
新横浜~浜松7,680円
新横浜~名古屋9,060円
新横浜~京都11,100円
新横浜~新大阪11,310円
名古屋~新大阪6,090円
EXこだまグリーン早特グリーン車グリーン車と比べたお得額自由席自由席と比べたお得額
 東京⇔新大阪11,410円19,720円7,860円13,870円2,460円
東京⇔静岡6,140円8,740円2,600円5,940円-200円
 東京⇔名古屋9,170円14,750円5,580円10,560円1,390円
 静岡⇔新大阪9,140円14,750円5,580円16,560円1,120円

EXこだまグリーン早特は一部では自由席よりも安くなります
自由席よりグリーン車が安いというのはかなり嬉しいです!

EXこだまグリーン早特の買い方

「EXこだまグリーン早特」は、出発日の1ヶ月前〜3日前の23時30分までに、インターネットの「スマートEX」か「エクスプレス予約」で予約・購入します。

EX早特では、

  • 登録したICカードを自動改札機にかざすだけで、改札を通り抜け可!
  • 駅の券売機で「紙のきっぷ」を受け取り→新幹線に乗車することも可!

EXこだまグリーン早特は、新幹線駅区間のみです。在来線駅を利用する場合、新幹線駅までの運賃が別途必要です。

EXこだまグリーン早特の途中で下車した場合・返金はなし

EXこだまグリーン早特は、乗車券区間内ので途中下車ができます。
途中で下車した場合、乗車券は無効となってしまいますので注意が必要です。
他の乗車券と違って、途中で下車して観光を楽しみたいということはできません。
新幹線駅以外の区間をまたぐ場合、または区間外から乗車する場合は、区間外の乗車区間の清算が必要です。

EXこだまグリーン早特 払い戻しはできる?

予約した列車に乗り遅れた場合、乗車券は無効となります。
次の列車に乗車する場合は、最初から切符を購入する必要があります。

ただ、乗車券を受け取らずに乗り遅れた場合であれば、手数料を差し引いた翌日に自動的に払い戻し処理が行われます。この時、手数料は特急料金相当額を差し引いた金額となります。

乗車券を受け取らずに乗り遅れた場合、
何もしなくても翌日には運賃相当額が払い戻されることになります。
特急料金は差し引かれます。

EXこだまグリーン早特の変更方法 4分前まで変更可能

「EXこだまグリーン早特 」は、出発時刻の4分前まで変更可能です。もちろん乗車券を受け取ったあとの変更は不可能です。
変更は「スマートEX」または「エクスプレス予約」によるインターネット上のみ可能です。

変更先のEXこだま・グリーン早特の空席がない場合は、差額を支払う必要があります。

EXこだまグリーン早特は出発時刻の4分前まで変更可!ただし乗車券を受け取った後は不可。

EXこだまグリーン早特のメリット

グリーン車に安く乗れる

早く申込をすれば自由席よりも安い料金でグリーン車に乗れるというメリットは大きいです。

こだまは時間がかかるけれど心地よく過ごせる

グリーン車は書いて気です。全席コンセント完備ですし椅子の幅も広いです。
背もたれを倒すと座面も動く「シンクロナイズド・コンフォートシート」といった席も充実しています。
他にもフットレスト(足置き)、レッグレスト(座席の白い枕)もあるので座り心地も抜群です。
足元にヒーターもあるので特に寒い冬はグリーン車のありがたみを感じられます。雑誌などを貸出もしています。
こだまは各駅に止まるので目的地まで時間がかかりますがグリーン車であれば移動時間も穏やかに過ごせます。

使える範囲が広い

一部の区間ではなく、使える区間も幅広いのもありがたいです。

EXこだまグリーン早特のデメリット

時間がかかる

「こだまグリーン早特」はその名の通りこだましか利用できません。
「のぞみ」「ひかり」よりも遅いです。
東京から新大阪間は、のぞみ2時間22分、ひかり2時間42分、こだま3時間54分で1時間以上他の新幹線と比べて時間がかかります

本数が少ない

のぞみは1時間に3本~12本なのに対して、こだまは2本~1本と本数が少ないです

  • 東京⇔名古屋 2本
  • 東京⇔新大阪 1本

車内販売が無い

のぞみやひかりにはある車内販売ですが、こだまにはありません。
また、グリーン車のおしぼりサービスも行われていません。乗車前に売店で食料などは買っておきましょう。

まとめ

「EXこだま・グリーン早特」は、とてもお得なチケットです。
こだまだけという大きな制約がありますが、乗車時間を楽しめると思えば、遅さも気にならないかなと思います。寧ろ楽しめそうです。「EXこだま・グリーン早特」でグリーン車をぜひ使ってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる