2024年2月ドクターイエロー運行日予想はこちら!

小田急線に新駅誕生?伊勢原駅と鶴巻温泉駅間!未来のスマート駅の名前は?

小田急線に新駅誕生?伊勢原駅と鶴巻温泉駅間!未来のスマート駅の名前は?

小田急電鉄は、相模原市にある大野総合車両所を伊勢原市に移転する計画を発表しました。

移転先は、かつて「幻の車両基地」と呼ばれた場所で、新駅の整備も検討されています。

この移転は、小田急電鉄の将来的な発展と伊勢原市のまちづくりにどのような影響を与えるのでしょうか。

こちらの記事では小田急線の新駅についてご紹介しています。

参考にされてください。

目次

小田急線に新駅誕生?未来のスマート駅の名前は?

【執筆中】小田急線に新駅誕生?伊勢原駅と鶴巻温泉駅間!未来のスマート駅の名前は?

小田急電鉄は伊勢原市と連携して、伊勢原駅と鶴巻温泉駅の間に新たな総合車両所新駅を整備する計画を発表しました。

新駅は最新技術を搭載した「未来のスマート駅」を目指しており、遠隔で対応できる仕組み太陽光発電などが検討されています。

新駅は2033年度に開業する見込みで、小田急線71番目の駅となります。

小田急線に新たな駅が建設されれば、19年前に開業した川崎市のはるひ野駅以来となります。

小田急線の未来のスマート駅の名前はまだ決まっていません。

小田急線の新駅の場所は「幻の車両基地」

【執筆中】小田急線に新駅誕生?伊勢原駅と鶴巻温泉駅間!未来のスマート駅の名前は?

小田急線の総合車両所が移転する場所は伊勢原駅と鶴巻温泉駅の間とされています。

この伊勢原駅の東側(愛甲石田駅側)は、幻の車両基地と言われていた場所です。

というのも、かつて伊勢原市に車両基地建設が計画されていましたが実現しませんでした。

この車両基地は、小田急電鉄の輸送力増強の一環として、約400両を収容できる規模で建設する予定でしたが、経済情勢や住民の反対などにより中止されました。

現在は、小田急電鉄が大野総合車両所を移転する場所として再び注目されています。

小田急線 現在の総合車両所はどこ?

【執筆中】小田急線に新駅誕生?伊勢原駅と鶴巻温泉駅間!未来のスマート駅の名前は?

小田急の総合車両所は、現在は相模大野駅に隣接する大野総合車両所が唯一の車両基地となっています。

総合車両所は、電車の車両細部の大がかりな検査や修理を担う重要な施設ですが、開設から60年が経過し老朽化に伴い伊勢原市内に移転新築を決めました。

大野総合車両所はなぜ移転する?理由は?

【執筆中】小田急線に新駅誕生?伊勢原駅と鶴巻温泉駅間!未来のスマート駅の名前は?

大野総合車両所は、小田急電鉄の電車を分解して検査や修理などを行う施設で、1962年に相模原市に開設されました。

移転する理由は、大野総合車両所が老朽化しているためです。

また、現在の場所は住宅地に囲まれており、拡張ができないという問題もあります。

新しい総合車両基地は、農地が広がる市街化調整区域に建設される予定で、小田急電鉄の将来的な需要に対応できるようになります。

大野総合車両所は見学できる?

【執筆中】小田急線に新駅誕生?伊勢原駅と鶴巻温泉駅間!未来のスマート駅の名前は?
大野総合車両所 検車区 引用元:小田急電鉄公式サイト

大野総合車両所は自由に見学はできません

しかし、小田急トラベルや小田急まなたび鉄道倶楽部主催で、大野総合車両所見学ツアーが年に数回開催されています。

見学ツアーでは、車体吊り上げパンタグラフ設備などの工場見学や、車掌体験車内アナウンス体験などができます。

小田急線の新駅「未来のスマート駅」とは

【執筆中】小田急線に新駅誕生?伊勢原駅と鶴巻温泉駅間!未来のスマート駅の名前は?

小田急線の新駅は最新技術を搭載した“未来のスマート駅”を目指しています。

未来のスマート駅の詳細についてはまだ発表されていません。

今のところ遠隔対応ICカード入退場太陽光発電などの仕組みを検討しています。

スマート駅とは、ICT等の新技術を活用して、駅の設備やサービスを効率的に運営する駅のことです。

例えば、自動改札や自動券売機などの機器をスマートフォンで操作したり、駅の情報をデジタルサイネージで提供したりすることが考えられます。

デジタルサイネージとは、ディスプレイやタブレット端末などの電子媒体を使用して広告や看板、掲示板などの用途で情報を発信するシステムの総称です。

大塚商会公式サイト「デジタルサイネージとは」より引用

「未来のスマート駅」に近い駅

【執筆中】小田急線に新駅誕生?伊勢原駅と鶴巻温泉駅間!未来のスマート駅の名前は?
うめきたエリア 引用元:JR西日本公式サイト

JR西日本は、大阪駅北側のうめきた地下駅令和5年3月18日(土)に開業します。

うめきた地下駅は、“近未来の駅”の実現を目指し、「『あなた』が笑顔になる駅」をコンセプトにした地下鉄です。

デジタル技術を活用したインタラクティブな空間や、One to One のデジタル案内、フルスクリーンホームドアなどを導入しています。

また、うめきた地下駅はメタバースプラットフォーム「REALITY」で先行体験できる、バーチャル空間としても再現されています。

さらに、イノベーションの実験場「JR WEST LABO」を開設し、社外の技術やノウハウも取り入れているんです。

小田急線の新駅も、うめきた地下駅に近いものになるのではないでしょうか。

小田急線といえばロマンスカー。ロマンスカーについては「小田急ロマンスカー」予約はいつから?おすすめの座席・富士山を観るには? ロマンスカーおすすめの座席はロマンスカーおすすめ座席は右左どっち?EXEは1C1Dがおすすめ!にて詳しくご紹介しています

まとめ

今回は、小田急線の新駅についてご紹介しました。

新駅は伊勢原市の伊勢原駅と鶴巻温泉駅の間にできる予定です。

駅の名前はまだ決まっていません。

現在、相模原市内にある大野総合車両所も、老朽化や拡張ができないといったことから、伊勢原市に移転予定です。

「未来のスマート駅」ということで、どのような駅ができるか楽しみですね。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次